2009.01.21発行

特集
■顧客とのコミュニケーションを強化(フィトンチッドカートリッジ)
■顧客アプローチへのご提案(ハイブリッド・コントローラー)
■基礎パッキング工法にも床下換気は必要です

LinkIconBack No.24を開く(約5MB)

2009年 冬 第24号SEIHOオフィシャルニュースレター 2009年 冬 第24号

HISTORY OF S ~SEIHO小史~

7k8o.jpgSEIHO小史 わが人生七転八起第24回「床下換気扇の実験
ー前編ー


 昭和五十二年の正月を迎えた。モータ事業部が大分に移転する計画が本決まりになり、私は転勤を覚悟しなければならなかった。いつか九州松下を辞める気でいた私は、ここらが潮時と心を決めた。私が辞めた場合の受け皿として考えられるのは、松長電機と、ほかに西邦商事があった。

 西邦商事の経営者のイスに、晴れてつくとはいえ、辞めてなお九州松下の仕事をするというのは、実のところおもしろくなかった。いずれ九州松下と関係のない仕事をしようと思った。そのとき、忘れかけていた大前翁の言葉を、あざやかに思い出した。

 「モータの力で縁の下の湿気は何とかならんのかね」

 そうだ、これだ。これがうまくいけば、下請けの仕事はしなくて済むかも知れん。
pushfan.jpgプッシュファン試作品
 正月休みが明けると、すぐ松長電機の技術者(養成中)に床下換気扇の試作品を造らせた。

 二月に試作品ができた。「湿気が多くて困る」としょっちゅう妻が嘆いている諫早市のわが家は借家で、押し入れの中にも湿気が充満していた。

 私は何の予告もなく、夜、客を連れて帰ることがよくあった。そのときは、決まって、妻が、「早く連絡してくれていたら、布団を干したのに」と、耳打ちした。そんな高湿の家であった。

 ムカデなどもよく出てきていた。浴槽に浮いて娘が大騒ぎすることもあった。

 さて、試作品を床下に設置した。玄関側から床下に風を入れて、中の空気を押しだそうと、換気扇の向きを内側に向けた。家の裏側に、線香の束を持たせて、社員を配置した。トランシーバーで「スイッチ・オン」を合図し、裏で線香の煙りの流れを観察した。煙りは真っすぐ上がるだけで、ちっとも外へなびかなかった。床下の所どこ
ろにブロックの仕切りがあり、うまく空気が流れなかった。

 「押してだめなら、引いてみろ」

 今度は換気扇向きを内側から、外に向けた。ファンを回すと、表側の線香の煙りが床下に、勢い良く吸い込まれていった。

SEASONS COLUM -風と住まい-


今月号は、「基礎パッキング工法にも床下換気は必要です」となります。