2009.07.21発行

特集
■天井裏の熱気&結露対策
■遮熱塗料「ジアス」効果検証
■新規取り扱い商品紹介

LinkIconBack No.26を開く(約5.7MB)

2009年 夏 第26号SEIHOオフィシャルニュースレター 2009年 夏 第26号

HISTORY OF S ~SEIHO小史~

7k8o.jpgSEIHO小史 わが人生七転八起第26回「プッシュ・ファンで売り出す」


 床下換気扇の商品名は、平成三年春から「風太郎」としているが、当初は「プッシュ・ファン」と名づけた。

 昭和五十六年十一月、一〇〇セットの販売を目標に売り出した。現在では、すべて自社で製造し、月産三〇〇〇セットが追いつかないほど、売れに売れている。

 「プッシュ・ファン」を開発していたころは、前述したとおり会社の経営が非常な危機にあったため、その費用は私のポケットマネーから出した。「プッシュ・ファン」ができても大々的な宣伝は一切できなかった。そこで会社の名前が少しは知られている、地元長崎でまず発売した。しばらく様子をみて、反応が良かったら、福岡、九州各県、全国へと、三年計画で販路を広げていく腹づもりだった。
そのために、二、三人の営業社員を入れ、また、営業に向いた工員一、二人を営業にまわした。取引先銀行の各支店の中から住宅関連会社を紹介してもらい、西日本地区は営業マンを担当させた。私は大阪の知人がもっていた松下電工のルートをたぐって、全国の電機材料問屋の中で、地域ナンバー1といわれるところを中心に訪問した。

 目に見えない床下の湿気を取る商品はこれまでなく、説明して納得してもらうまでに時間がかかった。
しかも、電機材料問屋はたくさんの取り扱い商品をかかえており、新製品の「プッシュ・ファン」にまで関心を示す人はわずかだった。

 昭和五十七年半ばまで、およそ半年間、全国の電機材料問屋に足を運んだが、芳しい実績は得られなかった。

 次に大手の住宅メーカーに売り込んだ。住宅だから需要があるかと思ったが、意外なことに新築住宅に床下換気扇を付けるメーカーはなかった。

 アイデアについては自信があった。しかし、悲しいことに、商品そのものの知名度はゼロに等しかった。

SEASONS COLUM -風と住まい-


今月号は、「タイマー及びコントローラー定期点検をおすすめします。」となります。